Powered by Ayapon RSS! オススメ アクセスアップ ライブチャット


list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おもしろかったら5つどこでもいいのでクリックしてください。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気出会いBLOG
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list 男「ここが○○のまちか」 続続編

219 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 17:13:56.73 ID:oDtJeEJm0
女「今日は・・・いえ、今日までいろいろありがとうございました!」
男「・・・ん」
女「明日はがんばっていきましょう!!」
男「・・・なんか戦いに行くみたいだな・・・」
女「おしろに行くためには魔物さんと戦わなきゃいけないんですから、戦いに行くんですよ!」
男「・・・そか」
女「です!」
男「・・・ここに泊まるのも今日で最後かな」
女「・・・またいつでも来てくださいよ!!」
男「来れるかなーおれけっこう忙しいから・・・」
女「私なんかの修行に付き合ってる人がですかー?」
男「・・・これも仕事のうちだ」
女「・・・なんかそうやって言うといやいや付き合ったみたいに聞こえますよ!!」
男「はははは」
女「むー・・・否定してくださいよ!!」
男「ははは」


220 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 17:17:33.21 ID:TcQOSfDq0
>>218
優しいなお前


221 :VIPがお送りします [sage] :2008/08/18(月) 17:19:56.03 ID:J0nhuSerO
>>220
べ…別にあんたのために書いた訳じゃないんだからっ///
このままじゃキレが悪かっただけなんだからっ///


222 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 17:21:28.02 ID:oDtJeEJm0
男「・・・すまなかった」
女「・・・え?」
男「・・・平和に暮らしていたのに・・・急に戦いの場に呼ぶはめになってしまって・・・」
女「・・・でも王様の命令なんですよね?仕方ないですよ!」
男「・・・すまない」
女「男さんが謝らないでください!」
男「・・・」
女「・・・」
男「・・・」
女「・・・楽しかったですよ?」
男「・・・?」
女「・・・私、男さんといて楽しかったです」
男「・・・」
女「だから、いいんです、気にしないでください♪」
男「・・・そか」
女「はい♪」


223 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 17:21:39.41 ID:eKc646hK0
可愛いよ>>221可愛いよ


224 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 17:30:56.02 ID:oDtJeEJm0
女「んー・・・よく寝たー!!」
女「ふああああ・・・」
女「・・・あさごはん作るのまだちょっと早いし散歩でもしようかな・・・」

女「すたすた」
女「すたすた」
女「・・・」
女「はー!きもちー!!ちょーきもちー!!」
女「・・・」
女「・・・このまちともしばらくお別れかなあ・・・」
女「・・・」
女「・・・」
女「・・・ん?」
女「なんかたくさんの人たちがまちに向かってきてる・・・」
女「・・・」
女「・・・」
女「・・・××のしろの人たち・・・!?」
女「えええーーー!!な、なんでだろ・・・お迎えに来てくれたのかな・・・!?」


225 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 17:32:10.24 ID:oDtJeEJm0
>>221に萌えた


227 :VIPがお送りします [sage] :2008/08/18(月) 17:35:34.31 ID:J0nhuSerO
魔王「でだ」
執事「はい」
魔王「この格好はなんだ?」
メイド「東方の国、ことジパングが生み出したOTAKU文化の賜物、「雛苺」というキャラクターの服です」
魔王「……なぁメイドよ、オレは確かに縦ロールだ」
メイド「はい」
魔王「しかもこの匂い…古いダンボールの匂いだな」
メイド「だいぶ前から用意してた「よそいき☆」用の服ですからね」
魔王「ハハァン、遅かれ早かれこうするつもりだったな?」
メイド「その様なことは」
魔王「黙れ…メラゾーマ!!」
メイド「マホターン」
魔王「なぬ!?」
メイド「マホトーン」
魔王「おにょれー!!」
執事「メイドのが強い魔王…」


228 :VIPがお送りします [sage] :2008/08/18(月) 17:36:53.67 ID:J0nhuSerO
>>227
気分はノッてきたがもうやめる
俺は>>1のが読みたいんだ


230 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 17:45:18.15 ID:oDtJeEJm0
町民達「なんだなんだ・・・?」
ざわ・・・ざわ・・・
兵士A「朝早く申し訳ございません」
女「あ・・・○○のまちへようこそ・・・」
兵士A「××のしろの者です」
女「あ、えと・・・勇者なら・・・」
兵士A「こちらに男王がいらっしゃるはずなのですがご存知ありませぬか?」
女「・・・へ!?・・・・・・男・・・王・・・?」
兵士A「はい、我が××しろの王、男様です」
女「・・・お、男って・・・男さん・・・??」
男「あ、いたいた、女ちゃんー!!あさごはん・・・・・・・・・あ」
女「!」
兵士達「男様!!」
男「・・・お前ら・・・」
兵士達「お迎えにあがりました!!」
男「・・・」
女「え・・・ええええーーーー!!???」


231 :VIPがお送りします [sage] :2008/08/18(月) 17:46:25.68 ID:gQ6jJX6I0
ちょwwww


232 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 17:46:29.24 ID:oDtJeEJm0
>>228
わっふるわっふる!


233 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 17:47:42.47 ID:t7UCS8rHO
これは良い大丼田返し


235 :VIPがお送りします [sage] :2008/08/18(月) 17:55:23.42 ID:J0nhuSerO
>>232
………(´・ω・`)y━・~

魔王「フッ……やっと着いたか」
執事「結局着替えませんでしたね」
魔王「五月蝿い」
メイド「村が見えました」
魔王「あ~ゴホン、すみませ~ん、旅の者ですが~……」

~二人はお出かけ中~

魔王「………………」
執事「誰もいませんでした」
メイド「右に同じ」
魔王「…………帰るぞ」
執事「良いんですか?」
魔王「おやつの時間だ」
メイド「そんなエロゲのタイトルみたいな理由で帰るんですか」
魔王「ルーラできるからいいんだよ」
執事「作用で」
魔王「……………まてメイド、エロゲて…」

続かない
続けて欲しくば>>1の邪魔にならない程度に保守しつつメール欄に「ワッフル食いながら焼酎うめぇな…」と書くがいい!!


236 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 17:55:33.00 ID:oDtJeEJm0
女「え?ええ!???えええええ!!???」
男「王の名前くらい知っとけよ」
女「し、知ってましたよ!知ってましたけど・・・こんなに若い人だと思ってなかったし・・・」
男「まあ男なんてありきたりな名前だからな、しょーがないか」
女「ええええ・・・今の××のしろの王様ってこんなに若いんですか・・・」
男「・・・数年前に父が亡くなったって言ったろ」
女「・・・あ」
男「突然の病気でな、跡取りがおれしかいなかったからおれが継いだんだ」
女「そ・・・そーだったんですか・・・」
男「・・・」
女「じゃ、じゃあ魔物に殺されたっていうお母さんは・・・」
男「・・・ああ、おれの父の妻、つまり王妃だった人だ・・・」

1ヶ月前
兵士「た、大変です、男王!」
男「どした、そんなに慌てて・・・」
兵士「△△のまちに視察に向かわれていた母上様を乗せた馬車が魔物のむれに襲われたそうです!!」
男「!?」


237 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 17:58:08.12 ID:EzCnFcJe0
男が王とまでは予想できなんだ・・・
やるなぁw


238 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 17:58:36.47 ID:ZBY665lq0
王自ら魔物と戦ってたのか


241 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 18:05:41.06 ID:Mop2KMmb0
ドラクエⅤみたいだな


244 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 18:11:08.38 ID:oDtJeEJm0
兵士「なんとか生き残った兵士が先ほど戻り、事の次第が明らかになりまして・・・」
男「それで・・・母上は・・・母上は無事なのか!?」
兵士「・・・それが・・・」
男「・・・!!・・・・・・その兵士はどこだ・・・話を聞きたい・・・」
兵士「それが・・・その兵士も先ほど息を・・・」
男「・・・・・・そうか・・・」
兵士「・・・男様・・・」
男「・・・」
兵士「・・・」
男「・・・」
兵士「・・・今、母上様のご遺体を収容しに兵を向かわせておりますが・・・果たして・・・」
男「・・・」
兵士「・・・」
男「・・・少し、1人にしてもらえないか」
兵士「・・・は」

男「・・・」
男「・・・うっ・・・うっ・・・」
男「・・・はは・・・う・・・え・・・」
男「・・・うっ・・・ううっ・・・」


245 :VIPがお送りします [ワッフル食いながら焼酎うめぇな…] :2008/08/18(月) 18:11:35.19 ID:TcQOSfDq0
やはり面白いw


246 :VIPがお送りします [sage] :2008/08/18(月) 18:12:18.54 ID:gQ6jJX6I0
一瞬エロく見えたのは自分だけでないはず


247 :VIPがお送りします [ワッフル食いながら焼酎うめぇな…] :2008/08/18(月) 18:12:25.75 ID:EzCnFcJe0
油断してたよな・・・


248 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 18:12:27.09 ID:3cXHaQWZ0
男「・・・うっ・・・ううっ・・・」


男「・・・・ふぅ」


250 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 18:19:41.67 ID:Mop2KMmb0
>>248
ばかやろうwwwww


252 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 18:22:52.50 ID:oDtJeEJm0
兵士「王、地獄の帝王の討伐に乗り出しましょう」
男「・・・だが、現状の戦力で討伐できるとも思えん・・・」
兵士「・・・しかし、民衆には地獄の帝王の討伐をすると、おふれを出しました」
男「!なぜそのような真似を・・・おれは聞いていないぞ!」
兵士「王、母上様が、元王妃様が殺されたのです・・・」
男「・・・」
兵士「何も報復のないまま我々が黙っていたとなれば・・・しろの・・・わが国の尊厳を失いかねません」
男「・・・だが・・・」
兵士「王・・・」
男「・・・」


257 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 18:35:33.78 ID:t7UCS8rHO
これはもう 地獄の帝王は幼女だからうんぬんで みんな平和 では終わりそうにないな・・・


258 :VIPがお送りします [ワッフル食いながら焼酎うめぇな…] :2008/08/18(月) 18:36:03.00 ID:oDtJeEJm0
男「・・・今兵を向かわせても・・・無駄死にではないか」
兵士「しかし黙っているわけにもいきませぬ」
男「・・・」
兵士「・・・」
男「・・・そうだ、勇者だ」
兵士「・・・勇者・・・でございますか?」
男「ああ、先々代の王・・・祖父は勇者とともに魔王を討伐したというではないか」
兵士「・・・しかし王」
男「そうだ、勇者だ、勇者を連れてくればいいんだ・・・確か勇者は・・・」
兵士「王、今は我がしろと勇者の家系の繋がりがないのです・・・果たして子孫がいるのかも定かでは・・・」
男「だが○○のまちにいるという話を聞いたことがあるぞ?」
兵士「確実な情報ではないでしょう・・・」
男「・・・」
兵士「本当かどうか定かではない情報を頼りにするよりも今は地獄の帝王の討伐に向けての準備を行わねばならないと考えます・・・」
男「・・・」


259 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 18:38:31.25 ID:EzCnFcJe0
で、勇者が・・・


262 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 18:41:43.34 ID:t7UCS8rHO
そりゃあ 強い勇者を想像してたら・・・かなりショックだよな・・・リアルに・・・


263 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 18:47:58.32 ID:oDtJeEJm0
男「・・・」
男「・・・」
男「・・・おれは討伐を失敗に終わらせる気はないぞ・・・」
男「・・・」

下っ端兵士「王が!王がいないぞー!!」
下っ端兵士「探せ!!まだ近くにおられるかもしれん!!」
下っ端兵士「王―!!」
下っ端兵士「男様―!!」

下っ端「王の部屋にこのようなものが!」
兵士「・・・これは・・・」

おれは勇者を迎えに行く。
誰もおれの後を追わせるな、おれの強さをわかっているだろう?
勇者を連れて帰ったらいつでも出発できるように準備をしておいてくれ。
おれが戻るまでは絶対に討伐に向かうな。

兵士「・・・!!すぐ後を追うぞ!」
下っ端「しかし王がどうやら○○のまちに関する情報を全て持ち出されたらしく・・・」
兵士「!!!!・・・あそこは人目につかない場所らしい・・・加えて場所を知っている者はもうこのしろにいないんだ、急いで情報を集めろ!!」
下っ端「はっ!!!」


264 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 18:50:39.58 ID:EzCnFcJe0
どんだけ辺鄙な場所なんだよwww


266 :VIPがお送りします [sage] :2008/08/18(月) 18:51:18.99 ID:FnNzHOTm0
急展開ktkr


267 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 18:53:35.01 ID:oDtJeEJm0
むう・・・ちょっと行き詰ったので休憩するわ
>>235の続きwktk


268 :VIPがお送りします [ワッフル食いながら焼酎うめぇな…] :2008/08/18(月) 18:56:29.96 ID:UhBDvi5d0
>>1の邪魔になってないよな?


270 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 19:03:23.29 ID:oDtJeEJm0
>>268
?まったくなってないよ?


274 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 19:22:22.51 ID:oDtJeEJm0
男「というわけだ」
女「ひどく迷惑な王ですね・・・」
男「うるさい」

兵士「王、探しましたぞ」
男「・・・ああ、すまなかった」
兵士「兵はもう準備が整っております」
男「・・・そうか」
兵士「・・・勇者は見つかったのですか?」
男「・・・」
女「あ、えと・・・」
男「いや、見つからなかった」
女「・・・え!?」
兵士「・・・左様ですか」
男「ああ、やはりお前の言うとおり、子孫はいなかったらしい」
女「え?え?」


275 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 19:24:23.44 ID:eKc646hK0
この発言を女がどう取るかwwww


277 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 19:32:21.34 ID:oDtJeEJm0
キムチとサランラップ買ってくる


278 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 19:34:07.26 ID:eKc646hK0
>>277
サランラップは勇者しか装備できないよ


279 :VIPがお送りします [sage] :2008/08/18(月) 19:37:19.01 ID:J0nhuSerO
なんか一眠りしたら大変なことに…(´・ω・`)y━・~

執事「…?」
メイド「人の写真を見ないで下さい」
執事「失礼しました」
メイド「…懐かしいものです」
執事「僭越ながら、どのような写真なのか聞いてもよろしいですか?」
メイド「そうですね」

~四年前

兵「魔王様、国境付近に人間の女がうろついていたので捕らえました」
魔王「ん~…?」
「………」
魔王「…適当に理由つけて帰せ」
兵「は…?」
魔王「バカか?適当に理由つけて帰せってんだよ」
兵「しかし
魔王「うるさいな…なんなら花火でもするか?…誰かの命の花火ってのは楽しいらしいぞ…」
兵「し…失礼しました!!」
魔王「あ、逃げた…つまんね…」


続く
保守


280 :VIPがお送りします [sage] :2008/08/18(月) 19:39:58.37 ID:J0nhuSerO
>>279
「あの……」
魔王「ん~?ああ、適当にバシルーラで帰してやる」
「……私には…」
魔王「なんだ、人間の国では行き場でも無くしたか?」
「………」
魔王「ここはお前の同族が恐れる魔王城、わかっているのか?」
「はい………」
魔王「フッ…ついてこい、使用人くらいにはしてやる」
「ありがとう…ございます…」
魔王「お前は堅いな…少しはジョークでも覚えたらどうだ…?」


メイド「今に至ります」
執事「変わりましたね」
メイド「あの方の指示ですから」
執事「私も…似てますからね」
メイド「そうでしたね」
執事「業務に戻りますか」
メイド「次侵入したら爆弾岩と寝てもらいます」


保守


281 :VIPがお送りします [sage] :2008/08/18(月) 19:41:25.39 ID:J0nhuSerO
>>280
もうちょっと濃く書きたかったがまぁいいや
眠い…
風呂入ってくるぜ


282 :VIPがお送りします [sage] :2008/08/18(月) 19:42:32.87 ID:gQ6jJX6I0
風呂で寝ないよう気をつけるんだぜ


284 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 19:50:37.08 ID:oDtJeEJm0
今日のごはんはキムチです


285 :VIPがお送りします [sage] :2008/08/18(月) 19:51:01.28 ID:azqI77Rz0
キムチのみなんて可哀そうに・・・


286 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 19:53:03.95 ID:TcQOSfDq0
せめてキムチチャーハンにでもしようぜ


287 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 19:53:16.16 ID:oDtJeEJm0
キムチうめえ
>>281
わっふるわっふる


288 :VIPがお送りします [sage] :2008/08/18(月) 19:56:31.60 ID:J0nhuSerO
風呂の前に一つ

兵「勇者が来ました」
魔王「通せ」

エセ「貴様が魔王か!!」
魔王「帰れ」
エセ「なんだと!?」
魔王「誰かと思えば…こんな馬鹿の相手をさせられるとはな」
エセ「チッ…マホトーン!!」
魔王「…なんの真似だ?」
エセ「ふはは!!貴様の弱点は既に掴んd
魔王「ギガデイン」

魔王「それを片しておけ…」
メイド「はい」
執事「相変わらず容赦ないですね」
魔王「フン…」
メイド「国境付近の村に捨ててきました」
魔王「オレも甘くなったもんだ…」
メイド「殺さないだけですが」
魔王「…殺すだけが魔王じゃないしな…」
執事「作用で」


保守
続きが読みたいならば俺のIDを無理矢理読んでメール欄に書いて俺が風呂から上がるのを待つがいい!!!!


289 :VIPがお送りします [ジョン!ふせろ!!] :2008/08/18(月) 19:58:17.05 ID:oDtJeEJm0
念のために言っとくが、ごはんとキムチです


290 :VIPがお送りします [ジョンうさ男] :2008/08/18(月) 20:00:46.20 ID:TcQOSfDq0
>>289
なら美味そうだ


291 :VIPがお送りします [sage] :2008/08/18(月) 20:01:17.54 ID:azqI77Rz0
>>289
くそわろたwww


292 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 20:05:37.91 ID:TcQOSfDq0
>>289の読み方には勝てないだろjk・・・


294 :VIPがお送りします [ジョン伏せろ] :2008/08/18(月) 20:10:27.66 ID:3cXHaQWZ0
これはwwwwwwwwwww


295 :VIPがお送りします [ジョンふせろ] :2008/08/18(月) 20:16:02.35 ID:KoMsCYLB0
ジョンってどんな人なんだろ


296 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 20:16:35.40 ID:oDtJeEJm0
この空気で投下していいものなのか・・・


297 :VIPがお送りします [sage] :2008/08/18(月) 20:17:39.49 ID:azqI77Rz0
いいぞジョン


298 :VIPがお送りします [ジョン墜ちろ] :2008/08/18(月) 20:17:44.33 ID:t7UCS8rHO
まぁ みんなキムチ食って落ち着け


299 :VIPがお送りします [] :2008/08/18(月) 20:17:53.47 ID:oDtJeEJm0
>>295
ヒント:ターミネーター


301 :VIPがお送りします [sage] :2008/08/18(月) 20:20:56.86 ID:KoMsCYLB0
なるほど、コナー君か


おもしろかったら5つどこでもいいのでクリックしてください。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気出会いBLOG
【2009/02/20 15:59】 ここは○○のまちです | track back(0) | comment(0) |
comments
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://gomasoku.blog81.fc2.com/tb.php/186-2b9de643




Copyright 20082ちゃんねる ゴマ速十兵衛


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。