Powered by Ayapon RSS! オススメ アクセスアップ ライブチャット


list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おもしろかったら5つどこでもいいのでクリックしてください。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気出会いBLOG
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list ★目が覚めたら人が消えていた 3

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2005/05/02(月) 08:05:28 ID:FVrMY8vEO
星空を見ていた。
街灯の無い海岸線の砂浜で空を見上げていた。
僕の背後には月が浮かんでいるが、地上の闇を照らすほどではない。
僕は自分の足元も見えない暗闇に立っている。
完全に闇と一体になり、自分の体がそこに存在するのか曖昧になる。
空には数えきれない星が暗闇全体に広がっている。
星の海の中を走る人工衛生を見つけてそれを目で追った。

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2005/05/02(月) 08:15:36 ID:FVrMY8vEO
海のある場所に視線を落とす
波打ち際が薄い緑色に光っていた
海中のプランクトンが刺激を受けて光ると聞いた事がある
僕は小さな生物達から発せられるその淡い光に心を奪われる

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2005/05/02(月) 08:19:53 ID:FVrMY8vEO
僕は空に視線を戻す。
人工衛生は消えていた。
僕は目を閉じる

85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2005/05/02(月) 08:27:48 ID:aHA2XYt60
カーテンから漏れる光で目を覚ます
今見ていた夢は何だったのだろう
夢の内容を思い出してみる
海の匂い、砂の感触、人工衛星、すべてがリアルに感じられた
その星空を俺は見たことがあるはずだ
しかし、現実でその星空を見た記憶は無い

98:1 ◆3V4SKpmSbo[]投稿日:2005/05/02(月) 09:44:25 ID:aHA2XYt60
日本海側のオロロンラインを南下している
今日も天気は良くて暖かい
途中小さな町をいくつか通ったが人の気配は無かった
”ある瞬間”が起きたのが月曜日の午前中だったせいもあり
オロロンラインに車は少ないが
所々道の真ん中で放置されていたり、道の脇に落ちていたり
ガードレールにぶつかって止まっている車を見かけた
ドライブや釣りに行くときでオロロンラインは何度も通ったことがある
普段から車通りの少ないこのを走っていると
本当に人は消えてしまったのか曖昧な感覚になる

118:1 ◆3V4SKpmSbo[]投稿日:2005/05/02(月) 10:16:25 ID:aHA2XYt60
出発する前に内藤に電話をし
これから出発すると伝える
内藤は寝起きだったらしく、適当に相槌を打っていた
こいつには人が消えようがあまり関係は無さそうだな
田中を迎えに行くとすでに家の前で待っていた
女の子が片手で持てるくらいの
小さなボストンバックを1つだけ持っていた
もうこの家には帰ってこないだろうと思い
数日何を持っていくか色々考えたが
結局着替えだけがあればいいと思ったらしい
俺も着替えと読みかけの小説くらいしか持ってきていない

海沿いに通じる坂道を登る
坂の頂上についたところで車を止める
車から降りて町全体を見回してみる
数日前まで確かに人々はここに存在していたはずだ
人の気配を感じないとミニチュアの街を見てる間隔になる
車に戻り海に抜ける道を走る
道の先に日本海が見える

124:1 ◆3V4SKpmSbo[]投稿日:2005/05/02(月) 10:23:50 ID:aHA2XYt60
小学生の頃釣りで来たことがある川を通り過ぎる
当時フライフィッシングをやり始め
最初で最後の獲物アメマスを釣った川だ
正確にはこの場所で釣ったわけじゃないが
その少し下流にあたる場所だ
きっと魚達も消えてしまったんだろう
窓を少し開けてタバコに火をつける
タバコから出た煙が窓の隙間から外に流れる
こめかみの辺りに少し冷たい風が当たる
もう少し走れば次の街に着くはずだ

130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2005/05/02(月) 10:39:39 ID:aHA2XYt60
今まで通った街に比べるとだいぶ大きい街だ
どれくらいの人がここで生活していたのかわからないが
2万人くらいは暮らしていたんじゃないだろうか
この街の地理は全然わからないから、隅々までは見て回れないだろう
大きな道にそって走り、いくつかの店、大きな商業施設を調べてみた
やはりどこにも人の気配は無い
目にとまったセイコーマートに入り、レトルトの食品を温めて食べた
こんな簡単な食事でも青空の下で食べるとすごく美味しく感じる
おそらくこの街にも人はいないだろう

150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2005/05/02(月) 11:29:20 ID:aHA2XYt60
さっきの街をを走り人の気配は無いことをもう一度確認する
街の中はところどころに車があって走りづらかったが
オロロンラインに戻ると車の数は一気に減った
車のスピーカーからは最近TVで見た
アフロの人がキーボードを弾いてる2人組のグループの曲が流れている
晴れた日のドライブにはピッタリだと思う
田中は無言で流れる景色を眺めている

それから小さい街をいくつか通ったがやはり人の気配は無かった
もう午後の4時くらいだろうか
時計の類は持ってきていない
きっとこの世界で時間の概念は必要ないのではないだろうか
人と物理的に繋がるからこそ
時間という決められたスケールの中で人は動かなければならない
人が消えてしまったこの世界には
太陽が昇り沈む、お腹が減ったからご飯を食べる、眠くなったから寝る
そういう曖昧な時間の感覚でいいんじゃないかと思った

あと1時間くらいで北海道で一番大きい街に着くだろう
左手に「サーモンファクトリー」とか書かれた大きな鮭の看板が見える

166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2005/05/02(月) 12:04:59 ID:aHA2XYt60
この道をまっすぐ走ると映画のロケ地などになった町に着く
俺が小さい頃死んだ俳優の記念館がある街だ
高速道路のインターチェンジみたいな道路に入ると
北海道で一番人口の多い都市が見えてくる
都市につくころには日が暮れてしまうんじゃないだろうか
アクセルを少し強く踏み加速する
エンジンの音が高くなる
流れてる音楽と速度が同調しているせいか
気持ちが高ぶってくるのがわかる

突然目の前が真っ白になる
一瞬何が起きたのかわからなかった
急ブレーキをかけて停車する

172:1 ◆3V4SKpmSbo[]投稿日:2005/05/02(月) 12:23:54 ID:aHA2XYt60
車から降りて深呼吸をする
体に異常は無さそうだ
今通った道を振り返る、特に何も無い
視界の端に四角い物が目に入る
「あぁ、オービスか・・・」
ほんの一瞬真っ白になった世界を思い出す
消えていく人の視界はこんな感じなんじゃないだろうか
そういえばほとんど休憩無しで運転していたな
背筋を伸ばすと関節が鳴った
オービスに気づかないなんて少し疲れてるのかもしれない
ポケットからタバコを出して火をつける
空を見上げる
頭の上はまだ青空で視線を下げていくと
夕焼けの赤にグラデーションしている
タバコを道に捨てて車に戻る
田中は小さな寝息をたてていた

198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2005/05/02(月) 13:59:04 ID:aHA2XYt60
街に近づくと車が増えてくる
車を避けながら走っても通れない場所がある
そういう時は車を移動させてから進む
そんなことをしていると中心部についた頃には
世界は夕焼けから夜へ変わろうとしていた

今日はこの街で休む事にする
適当に目についたホテルの前に車を泊める
車のエンジンを切って外に出ると少し肌寒い
これだけ大きい街なのに静かだ
街灯とビルに入ってるオフィスの明かりが見える
ビルの上についてる巨大な広告はどれも明かりがついてない
街灯やオフィスの明かりはついてるのに広告に明かりがついていないと
すごく違和感を感じる

ホテルに入ると人の気配が無い
ロビーはかなり広い、2人には広すぎる空間だ
フロントから適当に鍵を取ってエレベーターに乗る
別々の部屋に入り、俺は荷物を置いて冷蔵庫からビールを出して飲む
窓から夜景を見てみる
町全体に明かりが散らばっている
昨日夢で見た星空をとイメージを重ねてみる
近いものはあるけど、やっぱり違う
ご飯を食べる為部屋を出る

221:1 ◆3V4SKpmSbo[]投稿日:2005/05/02(月) 15:05:42 ID:aHA2XYt60
田中とホテルの厨房にいく
適当に肉を焼いてサラダを作った
適当なワインを持ってきて飲んだ
ワインなんてほとんど呑んだこと無い
一口飲んだがそんなに美味しくない
ワインの美味さが全然理解出来ないな
ビールを持ってきて飲む
田中はミネラルウォーターを飲んでいる
食事は特においしいわけじゃない、普通だ
同じ食材を使っていても調理する人によって
レストランのディナーに変わるのか

食事終えて部屋に戻る
とくにする事もないのでシャワーを浴びることにする
浴室に常備されているシャンプーを手にとって髪を洗う
どっかコンビニでいつも使ってるシャンプー持ってくればよかったな
頭からシャワーを浴びて髪の先から流れるお湯を見る
そういえば内藤に連絡するのを忘れていた
浴室から出て冷蔵庫からビールを出して一口飲む
電話をする為ロビーまで向かう事にする

308:1 ◆3V4SKpmSbo[]投稿日:2005/05/02(月) 17:38:37 ID:aHA2XYt60
内藤は電話に出なかった、出掛けてるんだろうか
散歩でもして少し時間を潰そう
ホテルから出ると気温はだいぶ下がっていた
ジャケットでも持ってこようか悩んだが
我慢できないほどでもないので歩き出す

街灯、オフィス、店舗から漏れる光の中を歩く
人の気配は無いけどやっぱり都会だと思う
地元の夜とは比べるまでもなく華やかな雰囲気だ
普段なら深夜でもこの辺りには少しは人がいたはずだ
人がいない都会は独特の雰囲気が漂っている
街の中心部をまたがる公園に着いた
この公園の周りは車だらけだ
ライトアップられているテレビ塔が見える
そこから少し視線を上げる、今日も満月だ
テレビ塔に上がってもっと近くから月を見たいと思った

322:1 ◆3V4SKpmSbo[]投稿日:2005/05/02(月) 17:58:16 ID:aHA2XYt60
テレビ塔に登るため視線を落とすと
近くで見たいという衝動は消えていた
もう1度月を見上げるがその衝動はもう来なかった

ホテルに戻って内藤に電話をする

335:1 ◆3V4SKpmSbo[]投稿日:2005/05/02(月) 18:16:39 ID:aHA2XYt60
その日内藤は目覚めてからVIPをチェックした
新着レスは無し
VIPで3日間新着レス無しで一番上をキープしている
「うはwww2ちゃんねるギネスブックに載るんじゃね?」

今日は山田に言われたように生存者探しと猫探しをする
内藤の脳内ではぬこ>>>>超えられない壁>>>>生存者
当然まっすぐ原宿に向かう

原宿に向かう途中ペットショップで
またたび、ネコじゃらし、猫缶をとってきた
昨日猫がいた竹下通りを中心に探し始める
「ぬこぉぉぉぉぉぉぉ 出て来ぉぉぉぉい ぬこぉぉぉっぉぉぉっぉ」
猫は現れない
結局まる1日探したが猫は見つからなかった
始めに猫を見たところに猫缶を置いて自宅に帰る

343:1 ◆3V4SKpmSbo[]投稿日:2005/05/02(月) 18:27:42 ID:aHA2XYt60
内藤との電話が終わると部屋に戻ってビールを飲む
コンビニからいいちこを持ってくればよかったな
田中が”存在”しているか確認しに行こうかと思ったが
いたとしてもとくに用事があるわけじゃないのでやめておく
今日は長距離の運転で疲れていたので寝る事にする

昨日見た夢をイメージする

364:1 ◆3V4SKpmSbo[]投稿日:2005/05/02(月) 18:52:27 ID:aHA2XYt60
僕は目を開ける

ここはどこだろう、どこかの街中だ
いろんな色の車が走っている、人がたくさんいる
人の中でも背の低い人が僕に何か話しかけている
何を言っているのか理解できない

僕はまた目を閉じる

616:1 ◆3V4SKpmSbo[]投稿日:2005/05/04(水) 01:00:49 ID:X9vD56bg0
目を覚ますとホテルのベッドの上だった
窓の外は明るいが、明け方特有のぼやけた様な優しい明るさだ
大体6時前後くらいだろうか
まだ寝足りないような気もするが起きる事にする
夢の内容を思い返してみるが断片的にしか思い出せない
シャワーを浴びるため起き上がる
熱めのシャワーを浴びると頭がハッキリしてくる
田中が起きるまでに朝食の用意でもしておくか

コーヒーを作ってタバコに火をつける
ホテルで出すコーヒーは豆もやっぱり違うのか
普段缶コーヒーしか飲まないがやっぱり普通とは違うと思う
朝食は何にするか考える
玉子とベーコンを焼いてあとはパンだな
もう一品何か用意できないだろうか
厨房の端の方にダンボールに入ったジャガイモが目に入る
ポテトサラダでも作るか

626:1 ◆3V4SKpmSbo[]投稿日:2005/05/04(水) 01:20:33 ID:X9vD56bg0
ジャガイモと玉子を茹でている間ベーコンを切ってレタスを洗う
茹で終わると玉子を水で冷やし、ベーコンを炒める
あとは適当に混ぜて塩・コショウ・マヨネーズ・バターで味付けをし
レタスをひいた皿に盛り付ける
使った調理器具などはそのまま放置する
人がいないから片付ける必要がなくすごく楽だ
とりあえず準備は終わった、たぶん7:30くらいだろう
田中を起こしに行く

部屋の前に着くと3回ノックをする
まるで俺が来るのを知ってたようにすぐドアが開いた
「おはよう」
「・・・おはよう」
朝食の準備をしてあると説明してレストランへ向かう
新しいコーヒーを作って席に着く、田中はミネラルウォータをコップに注いだ
とくに会話もなく食事は終わる
「昨日は何か夢を見た?」
食後の一服をしている時、田中が俺に問いかけてきた
「何か夢を見たのは覚えてるけど、内容は断片的にしか思い出せなくて内容はわからない
な」
「そう、ならいいわ」
何か引っかかるが聞くほどでもないだろう

635:1 ◆3V4SKpmSbo[]投稿日:2005/05/04(水) 01:49:08 ID:X9vD56bg0
ホテルから出るとビルの窓に反射する太陽が眩しくて目の奥が少し痛む
今日も雲ひとつ無い、いい天気だ、この街は高いビルが多い
空を見上げるとビルに邪魔されて本当に雲がひとつも無いのかわからない
おそらく雲はひとつも無い晴天だろう
何かの小説か歌の歌詞で、ビルに囲まれると空が小さく見えるって言ってたが、
その通りだと思う、空は小さくてずっと近くにあるように思える
球体の天井に青空を書いてその中にいる様な感覚になる

この街に人はいるんだろうか、きっとこの街すべてを見て回るのは無理だろう
市内には車が多すぎて車での移動は無理かもしれない
今いる駅前のホテルを中心に探してみようと思う
何年か前に完成したばかりの駅と合体した駅ビルを見る
そういえばあそこにもホテルがあったな
あそこの方が新しいし快適だったのかもしれない
1時間くらいかけてそのビルの中、地下街などを見て回ったが人の気配は無かった
昨日の夜に行った公園付近へ移動する.

639:1 ◆3V4SKpmSbo[]投稿日:2005/05/04(水) 02:10:31 ID:X9vD56bg0
やはり公園の付近には車が多い
おそらく昨日から少しもずれていない同じ位置にたくさんの車がある
たぶんこの光景は異様だと思う
いくつかのデパート、テナントがたくさん入った商業ビルを見た
どこにも人の気配は無い
途中ファッション関連のテナントがたくさん入っているビルで
田中が下着専門に入り色々見始めたので一時別行動となった

どこかのカフェで炭酸のジュースを飲みタバコを吸う
人がいるとしても、お店などしかないこんな中心部にいるんだろうか?
人がいそうな場所として来るかもしれないが基本的に自宅で生活していると思う
住宅が集中している地域を探すにしても気の遠くなる作業だとも思う
何か簡単でいい方法は無いだろうか
テレビかラジオが使えればいいんじゃないだろうか?
テレビ局に行けば何とかなるかもしれない
何年か前に24Hテレビをやってる頃
この街に遊びに来ていて中継を見ていた時を思い出す
たしかあのテレビ局はここから近いはずだ
さっきのファッションビルに戻り田中と合流する
田中はどこかのブランドの紙袋に洋服などを詰めて持っていた
テレビ局へ向かう

657:1 ◆3V4SKpmSbo[]投稿日:2005/05/04(水) 03:57:43 ID:X9vD56bg0
テレビ局についた、そろそろ午後の2時くらいだろうか
まだ昼食を食べてないことに気づいて、テレビ局内にあるレストランで簡単な食事を取る
食べ終わるとテレビ局の中を回ってみる
迷路みたいになっていてどこに何があるのかわからない
テロリストが来ても占拠されないようにわざと複雑に作ってあると聞いたような気がする
それがテレビ局の事なのかは思い出せない、あるいは空港の事だったのかもしれない

テレビで見たことのある部屋に着く、たしか副調整室とかいう名前の部屋だったと思う
イメージ的にはここからディレクターみたいな人が「キュー」と言えば放送されるはずだ
実際はどうゆうプロセスを経て電波として発信されるのかわからない
目の前にはボタンやツマミやレバーがたくさん並んでいるコンソールがある
ランプなどはついているから電源は入ってるんだと思う
初日テレビは何も放送されていなかった、きっとテープを流してたんだろう
生放送なら人が消えたあともスタジオを映したままのはずだ
色々いじってみるがよくわからない、たぶんこれは専門の知識が無ければ駄目だろう

もしかしたらラジオは基本的に生放送じゃないだろうか?

660:1 ◆3V4SKpmSbo[]投稿日:2005/05/04(水) 04:09:33 ID:X9vD56bg0
ラジオのスタジオを探す
ラジオでしゃべったとしても生きてる人とどうやってコンタクトをとればいいんだろう?
ラジオだと一方的に呼びかけるだけになってしまう
机がたくさん並んでいる部屋に入りそこに備え付けてある電話を調べる
電話の横に内線番号と外線の番号が書いてある紙がある
田中にどこか別の部屋からこの外線の番号にかけてもらうよう頼む
5分くらいして目の前の電話が鳴った、これで大丈夫だろう

これもまたテレビで見たことあるようなラジオのスタジオを見つける
同じ様なスタジオはいくつかあったがひとつだけ
テーブルにコップなどが置いてあるスタジオがあった
おそらくここで放送している時に”ある瞬間”がきて消えてしまったんだろう
何もいじらずスタジオに入りマイクに向かってしゃべる

「生きてる人、いますか?」
668:1 ◆3V4SKpmSbo[]投稿日:2005/05/04(水) 04:27:57 ID:X9vD56bg0
こっちは今2人でいる事、さっきの電話番号を言う
これを時間を置いて日が暮れるまで続けた
結局その電話は鳴らなかった

ホテルへ帰りながら考えた
生きてる人はいないのだろうか?
人の気配は無く、この街にも誰もいない様な気もするが
街が大きすぎて本当に誰もいないのか確信は持てない
きっとラジオを続けても反応は無い確信は持てた
ホテルに帰り夕食を食べる
珍しく田中が夕食を作った
ミートソーススパゲティ、いろんな野菜が入ったサラダ、果物をカットした物
俺にはビール、田中はお茶をグラスに入れている
食事を終えて部屋に戻ってシャワーを浴びる
シャワーを上がるとビールを少し飲んで布団に入る
きっとこれ以上探してもラジオを放送しても無駄だろう
明日は出発しよう

670:1 ◆3V4SKpmSbo[]投稿日:2005/05/04(水) 04:48:28 ID:X9vD56bg0
ここはどこだろう、どこかの部屋の中だ
たくさんの机があってたくさんの人がその机に向かって座っている
そうか、ここは教室だ
黒板の前に人が立っている、顔はぼやけていて見えない
たくさんいる人もみんな顔の部分がぼやけていてよく見えない
ひとりだけぼやけてない人がいる、あれは誰だろう
思い出せない、そもそも今はいつなんだろう?
眠くなってきた、もう何も考えられそうにない
私は目を閉じる



おもしろかったら5つどこでもいいのでクリックしてください。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気出会いBLOG
【2009/03/27 03:38】 目が覚めたら人が消えていた | track back(0) | comment(2) |
comments

list

これ完結してないんだよね 
続き気になるなー
【2009/03/27 04:23】 URL | 落ち武者の一言 #-[ 編集] |

list

読みいってしまったよ。
続き見てぇぇぇ
【2009/03/27 04:27】 URL | 落ち武者の一言 #-[ 編集] |
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://gomasoku.blog81.fc2.com/tb.php/603-5907e943




Copyright 20082ちゃんねる ゴマ速十兵衛


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。